栃内第二病院

診療科のご案内

神経内科

科の紹介

当科は脳神経疾患の内科的診療を担当しています。

代表的な疾患として、脳卒中や認知症(アルツハイマー病など)、パーキンソン病などが該当し、頻度が高く、超高齢化日本において患者さんも大変多い疾患です。

一方、頻度は高くないものの、多系統萎縮症、進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、クロイツフェルト・ヤコブ病、重症筋無力症、筋炎、ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性ポリニューロパチー、多発性硬化症、視神経脊髄炎などの神経難病も当科が担当しています。

さらに比較的若い患者さんにみられる、緊張性頭痛、片頭痛、髄膜炎、脳炎、脊髄炎、てんかんなども当科の疾患です。

中枢神経から末梢神経、骨格筋に生じる全ての神経疾患が当科の診療対象です。

受診のきっかけとなる主な症状は、頭痛、手足のふるえ、手足の脱力(麻痺)やしびれ、感覚障害、めまい、ふらつき、歩行障害、けいれん発作、意識障害、失神、もの忘れ、生活障害、複視(ものがだぶって見える)、嚥下困難、言葉のもつれなどです。

 

医師紹介

前田哲也

(まえだ てつや)

【非常勤】岩手医科大学(脳神経内科・老年科:教授)

出身大学 弘前大学
所属学会・資格等
  • 日本神経学会
    (専門医・指導医・代議員・パーキンソン病ガイドライン委員会委員・Excellent Teacher

  • 日本内科学会(認定内科医・指導医)

  • 日本脳卒中学会(専門医)

  • 日本神経治療学会

  • 日本神経感染症学会

  • 日本パーキンソン病・運動障害疾患学会

  • 日本認知症学会(専門医・指導医)

  • Movement Disorder Society

  • American Academy of Neurology

  • 日本運動障害研究会(監事)

  • European Academy of Neurology